本サイトはヒガシ竹工所のブログです。製品やプロフィールはこちらからご覧ください。

2016/03/24

火曲げの角度

竹材は熱を加えて曲げるのですが、その曲げるときの角度が重要です。仕上がりで90度の角度が欲しいときは、90度より少しきつく曲げます。曲げた後に戻ろうとする力がかかるので、それを見込んでということと、かたちがよりカチッとした印象になるということが理由です。また、天候にも左右されます。湿度の高い日は90度よりきつく曲げても、竹材が水分を含んで元のかたちに戻ろうとするので、晴れた乾燥した日に行うようにしています。東浩章/ヒガシ竹工所